就職特集詳細

エントリーシートの書き方のポイント

エントリーシートの書き方のポイント

就活生の皆さん、こんにちは。

3月1日の情報解禁から1ヶ月、皆様の就職活動の状況は如何でしょうか。

この時期はエントリーシートの締め切りに追われている方が多いのではないかと思います。既に大手の企業は締め切ってしまったところもあるかとは思いますが、今回はエントリーシートの書き方について触れたいと思います。

エントリーシートで最も見られている点はどこだと思いますか?

それは「ビジネスの現場でお客様から求められることにあなたは応えられるのか」です。

例えば、
・コンサルティング業界 ⇒ 答えの無い問いに対して、納得させられるだけのロジックさがあるか
・製造業界 ⇒ 多くの人と関わりながら「ものづくり」を行う事が出来るか
・外食業界 ⇒ 食を通じてお客様に喜びを提供し、自分自身もそれを感じられるか
などです。

もちろん上記は1つの切り口でしかありませんが、エピソードも業界や企業に合わせて書く必要があります。コンサル業界志望であれば、ボランティアの経験よりも、目上の人や自分より知識や経験のある人と議論を交わした経験や、組織をリーダーとして引っ張った経験などの方が、業界として求められる力をアピールできます。逆に外食産業やBtoCの企業などではボランティアのような個人に寄り添った温かみのあるエピソードの方が、アピールになる可能性は高いと思います。

そして最後に1点。一生懸命書いたつもりでも、自分一人で書くと見落としがちな点も出てきてしまうということを意識しておいてください。先日添削したエントリーシートで、アルバイトの経験をアピールした方がいらっしゃいました。ご本人は「居酒屋のアルバイトリーダーとして他のアルバイトをまとめた経験」を書いたつもりのようでしたが、初見で見た私の持った感想は「なんらかのアルバイトでリーダーらしき立場にいたのかな??」というものでした。居酒屋でのアルバイトという記載がなかったために、内容のイメージが大変しづらかったことを記憶しています。一生懸命に内容を崇高するあまり、大切なキーワード(この例だと「居酒屋でのアルバイト」)を記載漏れのないようにしましょう。

帰国GO.comでは、経験豊富なカウンセラーが業界に合わせたエントリーシートの添削を行っております。カウンセリングを受けて頂き、帰国GO.comからの応募企業に限りますが、行き詰っている人は是非相談してみてください。


◆就職カウンセリングのお申込みはこちら◆
下記より候補日時を3つ・SkypeIDを合わせて帰国GO.com までご連絡ください。
【カウンセリング日時】
平日 月曜~金曜日 10:00~17:00(米国西海岸時間)
【連絡先】帰国GO.com 事業部 info@kikokugo.com


また、エントリーシートの内容に差が出るWEBセミナーも4月中に多数実施しますので、是非視聴して参考にしてみてください。

◆WEBセミナーの申込はこちら◆
https://jp.surveymonkey.com/r/WEB2017S3

◆会員登録がお済でない方はこちら◆
https://www.kikokugo.com/registration/entry


+++++++++++++++++++++++++++++
お問い合わせ:info@kikokugo.com
新規会員登録:https://www.kikokugo.com/registration/entry
帰国GO.com Facebook (“Like!”をお願いします!):
https://www.facebook.com/kikokugocom
+++++++++++++++++++++++++++++


一覧へ戻る