HOME > 就職活動サポート > 就職者・内定者インタビュー一覧 > 就職者・内定者インタビュー

就職者・内定者インタビュー詳細

社員を大切にし、働きやすい環境を作ってくれる社風が決め手

社員を大切にし、働きやすい環境を作ってくれる社風が決め手

内定会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン 日本法人グループ
内定者氏名:清木 優香
出身校:San Diego State University
専攻:Child and Family Development
入社時期:2019年4月


ジョンソン・エンド・ジョンソンに入社を決意した『決め手』

1. ジョンソン・エンド・ジョンソンを知ったきっかけ、またどこに魅力を感じ、応募しようと思ったのですか?
帰国GO.comが大学内で開催して下さった就職セミナーでジョンソン・エンド・ジョンソンを知りました。元々ヘルスケア業界に興味があり、消費者向け商品、医薬品、医療機器の3つの領域を持ち、それぞれが人々のQuality of Lifeの向上を目指しているという部分に魅力を感じました。

2. 最終的に内定、ジョンソン・エンド・ジョンソンを選んだ理由はどんなことでしょうか。(新しく発見したジョンソン・エンド・ジョンソンの魅力、社員の人についてなど)
一番の理由は選考の中でジョンソン・エンド・ジョンソンの面接官の方々が私の話をとても真剣に聞いて下さり、6社内定をいただいていた企業の中で最も人を大切にしている会社だと感じたからです。また、選考段階でのトラブルなどにも柔軟に対応していただき、働きやすい環境を作ってくださると実感しました。

3. 入社後ジョンソン・エンド・ジョンソンでやってみたいこと、夢は何ですか?
私はMRとして入社します。様々な病気で苦しんでいる人たちが、少しでも良い生活が出来るようにお薬を届けたいです。また、幼児の発達について大学で勉強してきたので、小児の病気にも携わりたいです。


留学生活について

4.留学された理由をお教え下さい。
幼児教育と英語の両方を学びたいと思い、留学をすることにしました。

5. 留学先で大変だったことは何ですか?
私の学部では幼稚園と小学校実習があるので実習と勉強の両立が大変でした。さらに就職活動を始めると面接などの予定も入り、とても忙しい毎日でした。

6. 留学経験で得たものは何ですか?
多文化理解と視野を広く持つことです。アメリカにいると様々な意見を持っている人達がおり、自分とは違う意見でも理解しながら自分の意見も伝えることが重要だと思いました。また、理解していくことで今まで自分になかった意見を取り入れ、より広い視野で物事を捉えることが出来るようになりました。


就職活動について

7. 就職活動を開始された時期はいつ頃でしたか?
卒業時期が急に早まったため、今年の4月から始めました。自分自身では少し遅めのスタートだったと思います。

8. どんな業界、職種を希望し、就職活動を行いましたか。また、その他企業を選ぶ基準となっていた事柄があれば教えてください。
自分の専攻から幼児教育、子ども商品、ヘルスケアの業界に絞っていました。職種はあまり気にせずに自分が興味のある業界で就職活動を行いました。どの業界でも私自身が人の役に立ち、人々の生活に貢献出来る職業を選択していました。

9. 就職活動中、何社へエントリーし、何社と直接面接をしましたか?
10社エントリーをして8社、直接面接をしました。

10. 就職活動で特に①PRしたこと、②成功の秘訣、③自分なりのルールについてお教え下さい
① PRしたことは人の生活をより良くし、将来がより明るくなるようにサポート出来る仕事がしたいということです。また、様々な実習やボランティアに参加していたので、自分が大学で頑張ってきたことが正確に伝わるように意識しながら面接を行いました。
② 私の成功の秘訣は笑顔で元気良く自分の意見を伝えることです。面接はとても緊張しますが、人とコミュニケーションをとる時は笑顔で話す方が話しやすいので、笑顔を心がけていました。
③ 自分なりのルールは面接で伝えたいことは文章であらかじめ書くのでなくて、キーワードだけを頭に入れておくようにしたことです。文章を作って覚えたことを伝えようとすると、棒読みだったり、感情が表れにくいと思ったので、キーワードだけを面接前に振り返るようにしていました。

11. 就職活動で苦労したことは何ですか?留学生として特に苦労したことはありますか?
私の場合はChild and Family Developmentという日本では珍しい名前の学部のため、選考を受けていた企業との繫がりや、大学での勉強について面接で聞かれることが多く最初は大変でした。留学生として苦労したことは日本の大学生に比べて選考を受けることができる企業が少なかったことです。日本の選考期間はアメリカにいるため、日本に一時帰国中に選考を受けることが出来る企業は少なくなり、短期戦になってしまうことは留学生ならではの苦労だったと思います。

【後輩留学生へ】
12. 今、就職活動をしている留学生の後輩へアドバイス、メッセージをお願いします。
これから就職活動を始める皆さんは不安だらけだと思いますが、沢山の疑問や分からないことは就職活動を終えた先輩や帰国GO.comのカウンセリングで質問すれば不安は少なくなると思います。早めの行動をとることは必ず就職活動をするにあたって有利になります。また、自分が何に興味があって、将来どんなことをしていきたいかなどを明確にして、自分の『軸』を見つけることが就職活動を成功させるためのポイントだと思います。大変だと思いますが、自分の将来をしっかり考えて悔いの残らない就職活動をして下さい!

【帰国GO.com について】
13. 帰国GO.comを知ったきっかけは何でしたか?また会員になろうと思った一番の理由をお聞かせ下さい。
帰国GO.comを知ったきっかけは大学での就職活動セミナーでした。当時は就職活動について何も知らなかったため、詳しい情報を提供して下さる帰国GOさんにお世話になろうと思いました。

14. どのような帰国GO.comのサービスを利用されましたか?(就職カウンセリング/履歴書・ES添削/模擬面接/その他)
就職カウンセリング、ES添削、模擬面接を利用させていただきました。

15. どういった点が役立ちましたか?また、他の就職サポート会社と異なる部分を教えて下さい。
就職カウンセリングで一から就職活動について相談させていただき、短い期間での就職活動のスケジュールを組むことが出来ました。更に模擬面接を通して、面接のコツを教えていただけたことがとても役に立ちました。コツを掴んでからは面接で落ちることがなくなりました。帰国GOさんは様々な分野の企業に詳しいため、就職活動をどのように始めていいか分からなかった私にはとてもありがたかったです。

16. 帰国GO.comスタッフへメッセージをお願いします。
私はカウンセリングからファルギさんに担当して頂きました。ES添削から模擬面接まで全てお手伝いして下さり、本当にありがとうございました。ESも面接も最初は不安だらけでしたが、アドバイスをいただいて徐々に就活の不安がなくなりました。もし、一人で就活をしていたら、きっと挫折していたと思います。本当に丁寧なサポートをありがとうございました。


一覧へ戻る