HOME > 求人企業検索 > 企業の本音&先輩の実態

求人企業検索

企業情報詳細

【詳細後日公開】JSR株式会社

国内外で高い評価とトップシェアを誇る強さに迫ります!

  • 外国人が勤務している
  • 創業30年以上の安定企業
  • 充実した教育システム

留学生からの質問に答えます!
Jsr__1

【プロフィール】
名前/宮崎 智和 部署/JSR Micro N.V.
大学卒業後、渡米しカリフォルニア大学化学工学部にて触媒の研究を行い、博士号を取得。その後、2006年2月にJSRへ入社。
入社後はディスプレイ材料の研究開発に携わり、現在は電子材料の事業企画を担当。(2011年時点)


  • 1.留学生に期待することは何ですか?
  • まずは「機動力」。自ら投じた、或いは置かれた環境に素早く的確に順応し、自分の能力を最大限に引き出す「推進力」。さらに、時には周りの組織やトラディションをも変えてゆける「外」へのよき刺激の源ともなれる「自己表現力」と「発信力」。
  • 2.留学生に対するイメージを教えてください。
  • 多種多様な人種の中でも自身の考えを伝えることが出来き、「ひと」の多様性を、意見やアイディアを受け入れ自分の中で淘汰し、よきを自身の糧としてゆける逞しさとタフネスを備え持っている。
  • 3.正直言って留学生のここが心配…という事を教えてください。
  • 会社の持っているであろう留学生のイメージを逆に意識しすぎること。会社としては「留学生なら当然外国語に精通している」、と必ずしも期待しているのではなく、むしろ言語能力以上に海外生活で得られた数値化できないポテンシャルを期待している。
  • 4.採用面接をやっていて、学生のどんな点に目が行きますか?
  • 学生時代に取り組んできたことについて、自ら考えて行動しているかどうか。
     初めて会った人とのコミュニケーションや相手(会社)に対する好奇心や探究心を持っているかどうか。また、面接では学生の方からもきちんと弊社を見極めて欲しいという気持ちを持っていますので、しっかりと質問してくれるかどうか。
  • 5.社風はどんな感じですか?
  • 厳しい中にも、情熱と優しさがあります。
     若手にも仕事を任せる風土があり、若い時からやりがいを感じることが出来る仕事ができる雰囲気です。
  • 6.会社の自慢の“タネ”は何ですか?
  • ずばり「ひと」です。例えば社員ひとりひとりがそれぞれ社会に貢献する新規材料のシーズとなる「アイディア」「きっかけ」「サポート」を担っている。そういった“タネ”を活かし、育て、実に結び付けて行く“温床・テロワール”を持ち合わせているのがJSRという会社の最大の魅力です。
  • 7.この会社に入社を決めた理由は?
  • 自分という素材を活かせて行ける「活躍の場」が見えたから。材料サプライヤーとして社会に新たな“タネ”材料を提供してゆく会社の大きな枠組みの中で、或いはその枠組みを越えて、グローバルに、社会ニーズとJSRシーズを結び付けてゆく将来的な仕事像を見出せる感触があった。
  • 8.どんな学生に入社してもらいたいですか?
  • 柔軟な思考を持ち、好奇心旺盛な人、自ら考えて主体的に行動できる人、
    プレッシャーのかかる状況でも自分の力を発揮できる人
    留学生の方々には、さらに"異文化"に対して躊躇せずに飛び込めることを期待します。
  • 9.この会社に入社してどんなことが良かったと思いますか?
  • ①多彩な能力を持つ「ひと」達との出会いと②会社と自分を共に成長させることの出来る環境で仕事をしていること。文系/理系の違いを超え、経済学から環境科学、生命化学に至るまで、様々なバックグランドを持ち、さまざまな人生経験を経た先輩や同期、後輩達と共に仕事を通じて、或いはオフ・ワークでのコミュニケーションを通じて、常に自身の成長の糧となる機会があること。JSRには自分次第で如何様にもワーク・スタイル築いてゆける「懐の深さ」がある。
  • 10.留学生にメッセージをお願いします。
  • 会社は自分を成長させる機会を提供するに過ぎない。
    自らシーズとなり、シーズを探索し、新たな材料・技術の創出を目指そう!


企業一覧へ戻る